製品・サービス

製本

大型製本ラインによる高い生産能力と
幅広い製本技術を提供。

製本を専門に行うバインダリー事業部には、並製本2ライン、中綴1ラインの
大型生産設備を導入。日産8万冊以上の製本能力を実現しています。
書籍のイメージを形作る工程として仕上がりの精度を厳密に管理しているほか、
主に学習参考書に用いられるミストのり製本など用途に応じて幅広い製本技術をご提供。
また品質の最終確認を行う工程として、乱丁・落丁を防ぐ検査設備も充実させています。

  • 太洋社独自の技術
    「Book in book」
  • 耐久性や開き具合、
    環境への配慮も徹底
  • 幅広い製本技術で
    様々なニーズに対応
  • 日産8万冊以上の
    製本スピード
Book in book
本の中に本を綴じる太洋社独自の技術。
2冊の本を1冊の表紙でくるんだ製本方法。一方の背は接着せず、表紙の内側に軽く塗布した接着剤で仮止めします。実際に使用する際に接着面をはがして本を分離。太洋社では学習参考書の問題編・解答編の分割などに用いています。
広開本
PUR製本
強度と開きの良さを兼ね備えた次世代製本様式
PURとは、ポリウレタンリアクティブ(Poly Urethane Reactive)の略称で、ポリウレタン系の製本糊のことです。一般的な製本糊であるEVA系ホットメルト接着剤の代わりにこのPURを使用して製本するのがPUR製本です。PURは、空気中や用紙中の水分と反応し、硬化するタイプの製本糊で、一度固まると熱を加えても軟化することはなく、耐久性が極めて高い接着剤です。
PURには、EVA系ホットメルト接着剤と比較すると、次のような特長があります。
①接着力が高い
②本の開きが良い(紙面の可視範囲が広い)
③低温・高温に強い
④インキ溶剤に強い(印刷面における接着力が強い)
また、一度硬化すると軟化しないという性質から、古紙リサイクルにおける溶解工程での除去が容易で、環境にも優しい糊です。
PUR製本
上製本
一般的にハードカバーと呼ばれます。糸かがり綴じした中身を、丈夫な材質の表紙でくるむ綴じ方で、高級感のある仕上がりが得られます。
上製本
広開本
表紙の背と中身を接着せず、隙間を持たせる綴じ方です。開閉が容易で、厚みのある書籍も背の部分いっぱいまで開くことができます。
広開本
並製本
一般的にソフトカバーと呼ばれ、表紙に布や厚紙などの特別な材料を用いない綴じ方です。
太洋社では次の3種類の綴じ方をご用意しています。
無線綴じ
背の部分を3mmカットし接着剤で固める綴じ方です。最もポピュラーな製本方法です。
無線綴じ
あじろ綴じ
背の部分にミシン目を入れ、接着剤で固める綴じ方です。ミシン目の奥まで接着剤が浸透するため、無線綴じより開きの良い本に仕上がります。
あじろ綴じ
平綴じ
背の外側から7mmほどを綴じ代として針金で綴じる方法です。耐久性に優れますが、背の部分いっぱいまで開くことはできません。
平綴じ

出版・印刷については
お気軽にお問い合わせください

TEL
058-324-2111㈹
営業時間 8:15~17:15
(日祝・当社休業日を除く)
FAX
058-324-2119
お問い合わせフォームはこちら タッチして電話する お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る